ブログパーツ

PONのへそくり投資日誌

30代のサラリーマンがコツコツ貯めたへそくりで優待株(お米・金券・カタログ系+子供関連)を購入しています。外食系は無いです。

お金を増やすのか・防衛するのか。

最近、日経平均も下がりぎみ・・気分も下がりぎみ。
株主優待目的の私は国内資産に偏り過ぎており、日本経済と同じで沈む一方。
保有銘柄の一つであるコカコーラウェストは・・・ダメだこりゃ。今買う人はお買い得でしょうな。。。

以下は、ファンドの海さんのツールを使ってみました。



そんな中で国内資産のリスクを調べていたのですが、勉強になる事が多いです。
前回もエントリーしましたが、私の中で個人向け国債について一定の結論が出たので、今後読み返す場合を想定して残しておきます。

日本国債(個人向け国債)について調べると「日本」って大丈夫なの?と本当に考えてしまう。
決して日本国債が悪い金融商品だとは思わないけど、安全な投資対象とは思えない。
現在、日本国債残高「約1000兆」の大台。財政破綻してないのが不思議。
まだ日本国債を買う所があるので運用出来ているようですが、主要買付は生保・郵貯・簡保・銀行であり
いずれは購入できる限界がくるはず。
限りなく返せない状態は明らか。だから増税に躍起なのかもしれませんが。。。

これまでは、日本が破たんする訳ないじゃん。wwwあと30年は大丈夫。www
そう思っていました。今後もそう思いたい。けど、今回も無理でした。

最悪の想定すると財政破綻をした場合、日本国債は、金利動向に応じた変動金利ですが、特例措置により、金利の固定化や利払いの停止、元金支払いの条件の変更など行う可能性があります。
この場合、価格が暴落する事が考えられ、私としては最も避けたい金融商品と思えます。
また、同様に国債を大量に保有する生保・郵貯・簡保・銀行・信金・農林中金・政府系金融機関など株も
暴落するのでしょうね。。。

・・・と、いつになるか判らない事ですが心配は尽きません。
が、その時に備えておくことも必要だと思います。
思考比率としては、お金を増やす80%・デフォルトに対しての防衛が20%で考えていきます。

今回の結論
・財政破綻時の備えは必要。
・国内に偏ったポートフォリトは危険
・個人向け国債は買わない。
・分散として買うなら、いつでも売れる債券ファンドにする。
・日本株は、銀行等は避けた方が無難。(優待目的なのであまり関係ないか・・・)

今後の課題
・分散する金融商品を検討(主に海外)
・日本デフォルト時の資産防衛について考える。

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
PR
PONの猫アルバム
cats
株価&為替ボード
プロフィール

pon

Author:pon
このブログは30代サラリーマンの投資記録日記です。
コツコツ株主優待株を集め1億円の資産を目標にがんばっています。

旅行ブログもやってます。暇つぶしに見てってね~

【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンクして下さい。


ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします! にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
PONの旅行日誌
test
カテゴリ

openclose

最近の記事+コメント
相互リンク+更新情報
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
SBI証券
GMOクリック証券